海外の歯科の事情とは

外国人も通える歯科とは

歯科には定期的に行くように

歯科は人によっては、困った時にしか利用しないかもしれません。ですがなるべく定期健診してもらう事をオススメします。何故ならいざという時に、行動できないからです。例えば普段病院に行かない人が、インフルエンザの予防注射を希望する時どこの病院にするか迷うと思います。最悪のケースは、近所に病院があるかどうかも把握していない事です。それは病院に対する情報収集を怠っているからです。それと同じように日頃から歯を気にしていれば、いざという時に困らないため安心できるでしょう。

歯科での虫歯の程度による治療法

歯科で治療をする際には、虫歯の程度がC0からC4までの5段階になっており、それぞれ治療の方法が異なります。まず、C0の場合には、歯磨きだけでも再石灰化によって自然に治る可能性があるため、歯磨きの指導などを行います。C1の場合は虫歯を削り、プラスチックの詰め物をします。C2の状態だと型を取って被せ物をする必要があります。C3の場合には、歯を大きく削り、必要があれば歯の根の治療もして被せ物をします。最後にC4になると抜歯をし、あとは再生するために入れ歯やブリッジ、インプラントなどの選択肢があります。

↑PAGE TOP