歯科で噛み合わせを

歯科でタレントの様な歯に

歯科に定期的に行くと歯が綺麗に

歯科に定期的に通うことが綺麗な歯を保つことに繋がります。歯が痛くなるまで放っておくと歯周病が進行してしまい、歯槽膿漏になってしまって歯の根元まで到達してしまい、骨まで溶かしてしまうことまであって、抜け落ちてしまうのです。それを防ぐには歯科に行って歯石を除去してもらったり、掃除をすると歯の状態が安定して歯周病を予防できます。毎日の歯磨きも重要なことなのですが、歯磨きに関しても衛生士がどのようにすれば良いかも丁寧に指導してくれるので、自分でも歯が良い状態を保つことができ、その自分の歯でいられます。

口臭の悩みも歯科医師に相談

しっかり歯磨きをしているのに口が臭いという悩みを抱えていませんか。一度、歯科医師に診断してもらいましょう。歯周病であったり歯槽膿漏などの病気の可能性もあります。また、レントゲン撮影や診察で、口臭の原因となっている口腔の病気が発見できる可能性もあります。口臭の原因として多い歯周病は、30歳以上の成人の5人に4人、実に80%もの人がかかっていると言われています。歯周病は進行すると歯を失いかねない恐ろしい病気です。歯を守るためにも、口臭の悩みは歯医者さんへ相談するのが大切です。

↑PAGE TOP