歯科で働きたいなら

歯科医院での仕事の事で

歯科に転職したいなら

歯科に転職したいのであれば、衛生士の資格を取得することをおすすめします。専門学校で2年カリキュラムを学ぶことで国家試験の受験資格を取得することができます。最近では夜間のスクールも多くなってきていますし、入学金が安くなるなど学校のほうでもかなり入学希望者を広く募集しています。衛生士の資格を取得すれば、患者さんの歯石の除去や歯磨きのアドバイスなどやりがいのある仕事を任せてもらうことが出来ます。助手の仕事もあります。こちらはカルテを見て治療に必要な機材を揃えたり、クリニックの雑務をこなす仕事になります。特に資格の有無は問われませんので、歯科助手からスタートして学校に通いながら資格取得を目指すのがおすすめです。

歯医者の兄が転職した話

私の兄は歯科医です。開業医にはならず、今でも勤務医として働いています。そんな兄は1年前に転職しました。当時働いていたクリニックはそれなりに大きかったのですが、設備が古く、院長先生と息子さん、そして兄の3人と何人かの助手さんでやっていました。患者さんもたくさんいましたが、院長先生は息子さんに技術を期待するがあまりに、次第に兄は助手のような仕事ばかり回すようになりました。やりがいを感じなくなった兄は子供歯科に転職しました。今では、小さな子供やその親御さんにも院長先生にも頼りにしてもらえ、毎日がキラキラしているようです。良かったね!お兄ちゃん。

↑PAGE TOP