歯科での歯周病予防

歯科での超音波洗浄の利点は

歯科治療における超音波洗浄

歯科を受診するとよく超音波洗浄を行うことがありますが、これは一体どういった効果が期待できるのでしょうか。日常生活を送っているとどうしても歯周ポケットなどに歯石がたまってしまいます。この歯石には沢山の穴が空いていて、この中は歯周病菌の住処となってしまうのです。歯周病菌は歯石内にいると歯磨きなどの影響を受けることなく、増殖していくのです。これを放置すると、歯周病が起こり、歯茎が腫れたり出血しやすくなります。また歯周病菌は周囲の血管から血液に侵入し、動脈にもプラークを形成し、血栓塞栓症の原因となります。これを防ぐためにも歯科で超音波洗浄を定期的に行う必要があるのです。

超音波洗浄の必要性について

歯科で口腔内の洗浄を目的とし超音波洗浄を行う事が多く、専門の機械にスケーラーという器具が付いており、そのスケーラーを超音波振動させ歯ブラシでは落とすことできない汚れや着色を洗浄します。この超音波洗浄はしかで専門的に資格を持った医師や衛生士にしか使用することができません。私達がしっかり自宅で歯ブラシをし清潔にケアをしていても落としきれない汚れや着色がついてしまいます。それらの汚れを定期的に歯科に通う事でしっかり落とすことができます。このように定期的に通い洗浄することで、虫歯を予防し、歯周病や歯肉炎といった歯茎のトラブルも予防することができるのです。

↑PAGE TOP